海外天文ソフトの購入例

足達 克己

 まず、USAの最新の雑誌、私はAstronomyでしたが、別にSky and TelescopeでもZephr社の広告は載っています。そして、インターネット時代の今、電子メールアドレスは例外なくどの広告にも明記されてます。私の職場もインターネットが使える環境になってましたので、Zephrのアドレスmail@zephrs.comに、値段と送料、カード支払い方法の確認のメールを出しました。(当然、全部英語でっせ、職場でアメリカの大学に留学した経験のある人にチェックしてもらいましたがその人曰く、「電子メールは正式な手紙でないので単語の羅列でも意味分かれば良いんじゃない」)
 まあ、日本語にするとこんな感じでしょう。

 「わたし、あんたのところのEclipseComplete2.0を1つほしいある。値段$149.95でよろしいか、日本への送料いくらでっか。カードで支払いはカードの番号と期限、サインを送ったらいいんでっか。返事たのんま。」

 翌日、すぐ返事がきました。「ハーーーーーイ、ありがとね。ぼく○○、今$129.95で送料は$8だよ、注文はそれでOK、FAXでも郵送でもどっちでもいいよ。注文待っているよ。じゃあねーーー」とすごく軽い米語でした。それで会社にあった英語のビジネスフォームを少しいじって注文書を作り職場から国際FAXを入れると、1週間後ちゃんと航空便で届きました。ちなみにコンピュータソフトは関税ありませんから税関関係の手続き何も無しです。

 もうひとつ、イギリスにSkymapというシェアウェアのプラネタリウムソフトを注文したときも、やはり電子メールでやりとりしました。お試し版に作者のメールアドレスがあったので、注文先を尋ねると、配布先は作者と別で、ここに相談したらと別なメールアドレスを教えられ、そこにメールすると、また全然別なアドレス先から「うちで注文受け付けます」という内容のメールを受け取りました。そこに送料、支払方法を確認してFAX、なんと3日目後に届きました。世界は狭くなりましたなというのが実感です。しかし少々落ち込んだ気分になったのはやはり英語やなということです。電子メールでもロンドン訛がプンプン臭うQueen's Englishで、ちゃんと英語勉強しろよ、日本人だからしかたないかと言われているような気分でした。

 ここで常識なんですが、インターネットで直接注文しないのは個人のカード番号が誰でも分かってしまう恐れがあるからなんです。電子メールは基本的に誰でも読めるのです。FAXなら相手先しかつながってませんからね。(このとき円高で1$=90円台だったかな、良いときに買ったなあ)

 さて、肝心のEclipseComplete2.0なんですが、PC−DOS(アメリカのMS−DOS、98は動きませんよ、DOS/Vのみ)のソフトで、日食と月食の計算するだけの、説明書10ページ、フロッピー2枚組のシンプルなソフトです。

 日食なら基本的には年月日を入力して、皆既帯の中心線の緯度、経度、皆既時間、太陽高度、北と南の限界等を数値で出力します。それをプリンタで印刷するか、一度ファイルに出力しておいてから、別に地図表示ソフトで図示するかを操作します。地図の範囲は自由に設定できますが、かなり荒いドット精度のもので、天報400号のヨーロッパ日食が出力例です。ただし計算精度そのものは定評あるもので、数値は緯度、経度とも秒以下の単位を出しています。その後、任意の観測地の緯度、経度、高さを入力すれば第1接触から皆既、第4接触まで細かに時間や太陽高度方位を数値出力させることができます。もし、正確な年月日が分からなくとも予報するルーチンがありますので、まずそれで年月日を出せば良いのです。一応アニメーションはありますがおまけ的なレベルで、天報に載ったのは会長のステラナビゲータのものです。

 しかしシンプルなソフトでも実際に動かすには結構時間がかかりました。結局は説明書の書き方が悪かったのですが、(実際の入力の仕方と説明書が違っていた)私の英語力の不足が輪をかけたように思います。ともかく、当初の目論見は達成できてヨーロッパ日食や、ちょっと先のトカラ列島日食(皆既6分!!!)の状態がはっきり前もって分かるようになりました。この結果は会長や山天専属旅行コーディネータ森本さんに渡してあります。

 Zephyr社はこれ以外にも天文、科学計算ソフトを30種近く出しています。日食関係でも単なる数値出力だけなら$39.95でありますし、詳しい地図データや、Windowsへの出力データソフトの別売りオプションがあります。しかし山天内なら私が計算しますので、複数購入の必要もないかと思います。希望の条件があればお知らせください。

 ちなみに私のシステムは富士通デスクパワーFMV5DS3で内容は Pentium100MHz、メモリー48MB、HDD800MB+1200MB、4倍速CD-ROM、Windows95です。EclipsCompleteはDOS互換ボックス内のUSモードで何ら問題なく走っています。計算時間はあっという間で、プリント出力に時間がかかるだけです。これはプリンタのキャノンBJ−10(最初のインクジェットプリンタ、何を印刷しても遅い)のせいです。  以上、少しでも参考になればと思い報告しました。